准看護学院

准看護学院

教育理念

人間は「いのち」をもち、あらゆる可能性をもった存在である。看護の活動は、人間関係を基礎として、あらゆる健康段階にある対象の健康上の問題を解決することである。

その中で、准看護師の役割は、看護チームの中でよい人間関係を保ちながら示された位置を明確にし、対象に対しては日常生活の援助と診療の援助が出来ることである。

本校は、豊かな人間性をもち、基礎的知識、技術、態度を習得し、「看護とは何か」を明確にすることによって、生涯をとおして看護を展望し、自主的に学ぶ姿勢をもつ准看護師を育成することを目的とする。

教育目的・目標

Ⅰ.教育目的
豊かな人間性を身につけ、基礎的知識、技術及び態度を修得すると共に、地域社会に貢献できる准看護師を育成する。
Ⅱ.教育目標
  1. 1.人間的で豊かな感性を育み、調和のとれた社会人として生命を尊重する態度を養う。
  2. 2.主に健康障害をもつ対象への日常生活援助と診療の援助ができる基礎的知識、技術及び態度を修得する。
  3. 3.保健医療チームの中で、看護の果たす役割と責任を理解すると共に、准看護師としての責務を認識する。
  4. 4.社会の変化に対応できるように学習し続ける態度を養う。
Ⅲ.学習指導の目標
  1. 1.看護の概念を理解させる。
  2. 2.看護学の構成を知り、健康、保健及び疾患と看護の方法を理解させる。
  3. 3.技術の基本となる理論や原則が理解でき、それらに基づいた技術を修得し、更に応用工夫する態度を養う。
  4. 4.看護が実践の科学であることを認識させ、看護にとって必要な主体性、行動力、協調性を養う。
  5. 5.看護の対象である人間を理解し、自己の人間観を養うと共に、生命の尊さ生きることへの共感を認識させる。
Ⅳ.生活指導の目標
  1. 1.看護を社会から専門的に引き受ける者として、どのような人格や能力が望まれるかを明らかにし、それらに向  かって努力する。
  2. 2.自己の生き方が看護に反映することを認識し、自らの人格形成を培う。
  3. 3.日常生活の中から様々な人間関係が相互関係であることを理解し、好ましい対人的技能、態度を養う。
  4. 4.個人衛生を守り、人々の健康を預かる者が常に心身共に最良の健康状態であるよう、良い生活習慣をつくる。

学院長あいさつ

ようこそ、小豆島准看護学院へ

准看護師を目指している皆さん、関係者の皆様に「小豆島准看護学院」を紹介いたします。小豆島准看護学院は小豆郡医師会立の2年生の准看護師養成所です。設立は昭和31年で、以来多くの卒業生を世に送り、地域医療の充実に貢献してまいりました。
看護職は人の心に触れ、命に直接かかわる尊い職業です。本学院は、看護学について専門的知識・技術を習得させるとともに、一般教養を高め患者さんに寄り添うことができる人間性豊かな准看護師を養成してまいります。
ここ小豆島の地は瀬戸内海で2番目の広さで、海と山の美しい自然に恵まれたところで、目標に向かって勉強するには最高の環境です。
この小豆島の地であなたが目標を達成できるよう医師会、関係職員、講師陣みんなで全力で支援いたします。

小豆島准看護学院
学院長 村田 昇

学院の概要

学院の目的

小豆郡医師会は、地域住民の健康を守り、小豆島の医療・看護を充実させることを目的に、昭和31年4月に小豆島准看護学院を設立しました。看護職は人の心に触れ、命に直接かかわる尊い職業です。当学院は看護について専門的知識・技術を習得させるとともに、一般教養を高め心身ともに健やかな医療技術者を育成することを目的としています。

修業年限

2年

教育課程

講義科目 時間数 講義科目 時間数 基礎科目 国語35 専門科目 基礎科目 外国語35 看護概論35 その他 35 基礎看護技術210 臨床看護概論70 成人看護 老年看護 母子看護 70 精神看護70 (小 計)(105)(小 計)(665)専門基礎科目 人体の仕組みと働き105 専門科目 臨地実習 食生活と栄養35 基礎看護 210 薬物と看護35 成人看護 疾病の成り立ち70 老年看護 感染と予防 35 母子看護70 看護と倫理35 精神看護70 患者の心理35 保健医療福祉の仕組み 看護と法律(小 計)(385)(小 計)(735)総計1,890時間

教科の試験

科目試験、戴帽試験、進級試験、卒業試験

学費等

①入学金 30,000円
②制服代 男子約28,000円、女子約26,000円
③教科書代 約40,000円
④授業料 30,000円/月
⑤健康管理費 2,000円/月
⑥施設管理費 1,000円/月
⑦諸経費 実習、レクレーション、看護学生保険料、その他学院生活に係る諸経費は随時納入していただきます。

卒業後の資格

◆都道府県知事による准看護師試験の受験資格が得られます。
◆高等学校卒業者で、准看護師免許取得見込者は看護師養成所(進学コース)の受験資格が得られます。
◆中学校卒業者は、准看護師免許取得後3年間准看護師としての実務経験に就いた後に、看護師養成所(進学コース)の受験資格が得られます。